スイミングスクール

スイミングスクール

3才の子供が水嫌いで、顔を水につける事ができませんでした。

 

お風呂も怖り、抱っこで入っていました。

 

あまりにも水が苦手なため、少しでも水に慣れたらという事とぜんそくぎみな体調も良くなればと思い、習い事としてスイミングを始める事にしました。

 

まずは体験教室から始め、シャワーを浴びるところから習いました。

 

スイミングコーチの遊びも取り入れた楽しい授業に対して、子供自身が「続けたい」と言ったので入会しました。

 

同じ時期に幼稚園のお友達も一緒に入会するという事だったので、それも子供のスイミングをしてみようという気持ちの後押しになったように思います。

 

体験教室を経て、その日のうちに入会を決めると、入会金が無料だったので、親としては助かりました。

 

極度の水嫌いの為、心配していましたが、子供が泣いていると抱っこをして一緒にプールに入ってくれるような優しいコーチばかりで、無理なく慣れていく事ができました。

 

 

子役 オムツモデル

 

 

スイミングスクールに通うのにかかる料金

 

週に1回で一月6千円です。

 

 

 

スイミングスクールで学んだこと

 

スイミングを通じて学べた事は、4泳法を習得できた事です。

 

水に顔をつける事すらできなかった子供が、7年間で4泳法を習得し、一番上のレベルまでいきました。

 

学校のプールでもお手本を披露するなど、本人にとっても大きな自信になっているようです。

 

泳ぎを習得するにあたって、コーチの話をしっかりと聞き理解する事、言われた事を実践する事、グループで行動する事等様々な事を学ぶ事ができました。

 

また、他区域からもたくさんの同級生が来ていた為、友達の輪も広がり、学校外の友達との関わりが持てた事からも多くの事を学べたように思います。

 

スイミングを始めてからは、風邪をひきにくくなり、喘息も改善したように思います。

 

なにより、1時間泳ぎっぱなしなので、体力もつきました。

 

60級制度で、毎月のテストでコツコツ合格し、ついに1級になれた事から、努力は裏切らないという大事な事を学べました。

 

 

 

 

スイミングスクールはこういう面でおすすめ!

 

スイミングは、週に1回でしたが、少しずつ級が上がっていくので、親も子も上達をしっかりと確認する事ができ、目指す目標も設定しやすくやりがいがある習い事だと思います。

 

全くのかなづちから、メドレーを規定タイムで泳ぐ事ができるようになり、スイミングを習った価値は大いにあると思っています。

 

途中、スランプのような時期もあり、何か月か進級テストに落ちた事もありましたが、その後合格した時の喜びはひとしおでした。

 

最後の1級合格のタイムで泳ぐ事ができた時は、初めて子供のガッツポーズを見る事ができ、感動しました。

 

校区外にもお友達ができ、励まし合いながらスイミングを続ける事ができ、本当に良かったです。

 

私も子供の習い事を通じて、ママ友ができ楽しく過ごす事ができました。

 

スイミングは体も心も成長する事ができる素晴らしい習いごとだと思います。

 

 

 

 

関連記事の紹介

 

体操教室で人間関係を学びました

 

音楽教室は珍しい楽器ができるようになる!