陸上倶楽部

陸上クラブ

主人の趣味がマラソンということもあり、陸上競技に興味がありました。

 

息子が一年生の時、小学校の5、6年生の代表リレーという競技がありました。

 

学生でも足の速く選ばれた子だけのリレーでした。

 

子役 オムツモデル

そこでアンカーで二人を抜いて一位でゴールしてスターのような子がいました。

 

その子は近所に住む六年生の男の子なんですが、どうやら地域の陸上クラブに通っているとの事なので紹介してもらいました。

 

その陸上クラブは少年団のようなお父さんや近所の方が監督やコーチをしているのではなく、しっかりとした資格や実績がある方がコーチングしている事、また面倒な保護者のお当番もない習い事だったのですぐに体験をしました。

 

月謝も毎週一回で5000円と高すぎなかったので決めました。

 

コーチは、物腰が柔らかく子供を否定しない方だったので、すぐに心折れる息子にはぴったりでした。

 

 

陸上クラブの月謝は大体・・・

 

週1回で5000円です。

 

 

 

陸上を通じて学べることは?

 

陸上競技は、個々の戦いなので伸び悩んだり、壁にぶち当たったりするのを自分で打ち勝つ精神力を学びました。

 

すぐに出来ないといじけていた息子ですが、コーチが前より早くなっているよ、フォームが綺麗になったと誉めてくれるので嫌な顔せず一生懸命練習に取り組んでいます。

 

色々な学校の子がいるので、陸上のお友達という感じで毎週会うのを楽しみにしています。

 

また、陸上競技は、走るだけでなく高跳びやジャベリング(子供用砲丸投げ)など色々な競技があるので、様々な体の動きを学ぶ事が出来ます。

 

小学校の体力テストや体育の授業にも活かすことができ、50メートル走や持久走ではクラス一番になることが出来き、自分に自信がついたようです。

 

 

 

陸上はこんな面でオススメ!

 

陸上クラブは、今や全国に沢山あり色々なところで大会も開催されている注目の習いごとだと思います。

 

クラブによっては、保護者のお当番もあるようですが他の競技よりは楽なところが多いのでスポーツさせたいけど負担がと思っている方にオススメの習いごとです。

 

陸上競技は運動の基礎となる走る、飛ぶ、投げるの動きを教えてもらえるので、やっていくうちに運動神経もよくなる感じがします。

 

バランスよく運動をするので体育や運動会でも活躍できるようになると思います。

 

個々の競技なのでレギュラー争いなども起こらず平和に穏やかに練習していますが、リレーでは仲間で協力することも学べるので協調性や責任感などもついてきた気がします。

 

コーチは、習いごとと言うこともあり、昔の熱血スパルタのような方は少なくなってきているので、誉めて伸ばしてもらえる感じです。

 

 

 

関連記事の紹介

 

子役になったわが子の体験談

 

音楽教室は珍しい楽器ができるようになる!